新着記事

2007年07月27日

ディズニー作品中の喫煙描写を禁止

気になったニュースが。



 [ロサンゼルス 25日 ロイター] 米ウォルト・ディズニーは25日、米大手映画制作会社の中で初めて、作品中で喫煙の描写を禁止する方針を明らかにした。

 ディズニー・ブランドでの家族向け映画では喫煙シーンを一切なくし、傘下のタッチストーンやミラマックスが配給する作品でも喫煙シーンを「抑制する」としている。

 同社のアイガー最高経営責任者(CEO)はまた、エドワード・マーキー米下院議員に宛てた書簡の中で、今後は喫煙を取り扱った映画のDVDには、禁煙に関する公共広告を掲載する方針も明らかにした。さらに、こうした映画を上映する映画館に対しても、本編前に同広告を映すよう働き掛けるとしている。

 同社のこの動きに対し、マーキー下院議員は「画期的」なコミットメントだと評価し、ほかの映画制作会社も追随するよう求めている。



別に禁煙団体からの抗議があったわけではなく、自主的にということらしいですが、真面目にこんなこと宣言するなんて信じられません。
深刻に考えすぎな気がします。

確かに、アクション映画を見て自分も人を殴ってやろうと思う人よりは、かっこいい俳優がタバコを吸っているのを見て自分も喫煙しようと思う人のほうが多いでしょうが、そんなことを言っていてはそのうち何も作れなくなりそうですよね。

近未来に表現をガチガチに抑制し、無味乾燥な管理社会ができてしまった的なネタがありますが、そんな世界に近づいていっている気がします。

そもそも、表現を見て何を感じるかは人それぞれ。
それを大人の思い込みで、子供から取り上げていくというのは嫌ですね。

我々だって、いわゆる"有害"な表現で育ってきたわけですし。

規制している大人たちが、
「自分達は、"有害"な表現をみて育ってきた。そのおかげで、自分はこんなにろくでもない人間に育ってしまった」(笑)
という自覚があり、規制しているのなら、まだわかりますけどね。

実際には、
「自分達は、"有害"な表現を見て育ってきたが、こんなに立派な大人になりました。
でも、子供達は自分達のように立派には育たないと思うので規制する」
でしょう。

子供を甘く見すぎだと思いますけどね。
子供達は、我々が考えているよりも賢いし、善悪くらいはわかっていると思います。
そもそも、親や周りの大人たちが。子供を導いていくという視点がありませんし。


よく言われることですが、子供をそうした表現から遠ざけて、成人してから大人の世界にいきなり触れさせるほうがよっぽど危険だと思います。

子供のときからいろんなものに触れさせ、善し悪しを周囲の大人が教え込むのが正しい形だと思います。

今の規制の流れは、家庭でのしつけを放棄している・自信のない大人たちが、

自分らの代わりにメディアに子供に接してもらおう。自分達は、子供へのコントロールの一切を行わないので、代わりに子供に接するメディアから有害表現を削ろう。そうすればフォローする必要ないから。

そう、宣言しているように見えてしまいます。
でも、この流れは止まらないのでしょうかね。

面白ニュース満載のランキングはこちら

2007年07月21日

ビリーのほかにもダイエットを支援する鬼軍曹がいた!

個人的に好きなので、時々、記事にするビリー・ブランクスビリーズブートキャンプ

我々を痩せさせるために徹底的にシゴキあげる、愛すべき鬼軍曹というキャラクターが定着していますね。
私も好きであります!隊長!

ビリーの雄姿(笑)→


ですが20年以上昔、"似たような売り文句の鬼軍曹がいた"、という話はご存知ですか?

その名は、Joe Bones ジョー・ボーンズ。

「ダイエット(特に食事制限)がいかに困難か知っているか?
昔、新兵の訓練を担当していた軍曹、Joe Bonesがダイエット支援の為のthe Fat Squad(脂肪撲滅隊)を組織した。
24時間体制で、最低でも3日間のあいだ冷蔵庫などを見張り、依頼人のカロリー摂取を妨害する!
一度私たちを雇えば、決して解雇させないし、賄賂も受け取らない。
必要に応じ、実力行使で依頼人の食習慣を正す!」

1986年のお話で、あまりに古く資料がなかったので、英文を自動翻訳にかけた文章から意味を汲み取ったのですが、上記で大体あっているはずです。

一応、翻訳したページをリンクしておきましょう。
意味不明な文章ですが、写真があるので。
ココ

6人からのチームで依頼人に張り付き、強制的に間食を妨害するということです。
とてもわかりやすいですね(笑)。

ついつい食べ過ぎてしまうとき、友人と冗談で「こんなサービス無いかなあ」なんて馬鹿話をしたことありません?

昔ラジオで、伊集院光さんが「ダイエット用の傭兵を雇えばいいんだよ!」とおっしゃっていましたが、まさにそれ。

間食しそうになるとにらみつけて威嚇したり、腕をねじりあげてやめさせたり、コンバットナイフを突きつけたり。
そりゃ、間食なんてしなくなりますね。


このサービス、メディアにも取り上げられ話題になったらしいのですが、実は嘘だったんです。

鬼軍曹Joe Bones ジョー・ボーンズとは、実はたびたび嘘をでっち上げて悪ふざけをするJoey Skaggsという芸術家の変装でジョークだったんです。

本気にして踊らされた人が当時結構いたらしく、真面目に放送したマスコミが視聴者に謝罪したということもあったそうです。

まあでも、20年前だろうが人の悩みは変わらないわけで、
ダイエットを決意しても意思を貫き通せる人は少ないわけで。

人間、そんな簡単に変われない、というお話でした。

面白ニュース満載のランキングはこちら

ビリーズ・ブートキャンプの続く理由は?
もう一一つのブートキャンプ、トレイシーさんって何者?

2007年07月18日

ハリー・ポッター最終巻がネット流出&偽物が中国で流出(?)

livedoorニュースで、イギリスで7月21日に発売されるハリー・ポッターの最新刊がネットに流出しているという記事がありました。



ハリー・ポッター最終巻がBitTorrentで流出中

シリーズ最終巻となる予定の「ハリー・ポッターと死の秘宝」(仮)が7月21日からイギリスなどで発売されるわけですが、どういう経緯なのかは不明なものの、なぜか既にファイル共有ソフト「BitTorrent」を使ったネットワーク上で流出中の模様。発売前に最終巻の内容が流出するのを防ぐために24億円を投入しているそうですが、大丈夫なのでしょうか?
                    livedoorニュース



写真で取ったものをファイル共有ソフトのビット・トレントで流しているそうで、ネタバレのサイトとかもできているそうです(内容は嘘か本当か知りませんが)。

出版元のブルームズベリー社は、内容がもれるのを防ぐために24億円を超える予算をつぎ込んでいるそうですが、書店に来るのはぎりぎりでしょうし、数冊だけ盗んでネットに流すのは考えづらいですから(犯人はネットに流しても一円の得も無いハズ)、身内に不心得者がいるのでしょう。

身内のPCを全部調べれば、犯人は見つかるでしょうね。


で、このニュースを見ていたら、テレビでも似たような話題が出ていたのを思い出しました。

中国で(正規の発売日は10月)、偽物のハリー・ポッター最終巻が既に発売されているというニュースです(笑)。
映像も出てましたが、DVDあたりから取ったのであろう写真を挿絵に使いもっともらしく作っているようです。

ラストのオチとか、ストーリーの整合性は良くわかりませんが、価格は本物よりも高く設定、でも実売価格は激安(笑)。

さすが中国、やることが半端ありません(笑)。
あまりに中国らしいこの事件。テレビで見て、思わず爆笑しました。

出版元のブルームズベリー社は、こんなアホらしい事件の対策にも予算を掛けるのでしょうかね?
真面目に相手するのもアホらしいですが、国を通して抗議するくらいで充分な気がします。

中国は、きっと本気で悪いことをしているという意識は無いんでしょうね。
この間の、ディズニーランドのパクリ事件も外圧があってから渋々態度を変えてましたし、街頭アンケートも半分以上は「別にいいじゃん。騒ぎすぎだよ」な答えでしたし。


もし中国の人口が少なくて、大きなマーケットが期待できない国だったら、きっと国際社会からは相手にされてないんだろうなと思います。

日本のアニメキャラクターを勝手に使ったグッズを売って、しかも裁判に勝ったという事例も昔ありましたよね。
ドラえもんか、クレヨンしんちゃんだったと思いますが。

よそから知財をパクリ、しかもそれを悪いと思わないようでは、経済的には大きな影響力があっても、文化的には何も産み出せませんよね。

まあ、今回のハリー・ポッターの件に関しては、アホすぎて笑いしかでてきませんが。

とりあえず、ハリー・ポッターは前の巻を買って積んであるだけなので、日本で発売する前に読んでおきましょう。

面白ニュース満載のランキングはこちら

2007年07月15日

もう一つのブートキャンプ、トレイシーさんって何者?

チョット前から、楽天とかでビリーズ・ブート・キャンプを調べると、一緒にトレイシー・ブート・キャンプなるものがでてくるようになりました。

こんなの。

ついでに比較用。われらの(笑)ビリー


アメリカでブームで、ビリーズ・ブート・キャンプではキツイ人でも大丈夫!
とか言われてますけど、唐突にでてきた印象は否めませんでした。

下記に貼った動画を見ると、確かにさほどきつくなさそうでしたし、体力に自信がない人でも安心して続けられそうですね。

そもそも、トレイシーって誰?
あんまり怖くはなさそうですけど(笑)。

調べてみましたが、トレイシー・マレットさんは、2児の母でフィットネスインストラクター。
TVにもでているようですね。アメリカでテレビに出ているフィットネスインストラクターは、たくさんいるんでしょうが。
全く新しいブートキャンプを考案して、全米でブームなのだそうです。

これ以上は良くわかりませんでしたが、はっきりしていることが一つ。
ビリーもそうですがトレイシーさんとも、殴りあっても勝てる気が全くしません(笑)。


ぶっちゃけ、日本でどれだけ売れますかね?
フィットネスに関心のある人は、既にビリーズ・ブート・キャンプを持っている気がします。
ビリーのを持っていて、さらにトレイシー・ブート・キャンプは買わないでしょう。

あと、深夜のヘビーローテーションで流れるCMのおかげで、我々の頭にはビリーが住み着いてますし(笑)。

とはいえ、あまりきつくなさそうなのは事実なので、今から始めるならば、トレイシー・ブート・キャンプもありですね。

面白ニュース満載のランキングはこちら

ビリーズ・ブートキャンプの続く理由は?
ビリーのほかにもダイエットを支援する鬼軍曹がいた!

2007年06月02日

ドコモCMの評判が悪いけど、そもそも期待してない

livedoor news見てたら、ドコモの新しいCMの
「そろそろ反撃していいですか?」が評判悪いみたいですね。
NEWSはこちら

私もテレビで見たときは勝手にやってくれと思いましたが、ここまで批判されているとは思いませんでした。
何故かと言うと、すでに期待していないから。
それはドコモだけでなく、日本の携帯キャリア全体にですけど。

私は、ナンバーポータビリティを待って、X01HT目当てにドコモからソフトバンクに変えたのですが、変更するときに調べてからドコモのオレ様ぶりにあきれ、ソフトバンクの迷走にもあきれ、エーユー含めて何とか客を囲い込んでやろうとする業界の姿勢に、もう期待できないなと思いました。ナップスターとか。何で手持ちのCDの曲を入れることすら認められないか?

ということで、ドコモのCMは確かに訳わかりませんが、業界全体適当にやってください。私は後一年半くらいは、ソフトバンクに縛られてますがその後は、スマートフォンを一番便利につかえそうなキャリアに乗り換えます。

面白ニュース満載のランキングはこちら

話題のCMのyoutube動画を、一応貼り付けときましょう。

2007年06月01日

世の中のニュースについて考えてゆきます

こんにちは。カイといいます。

このブログでは、色々なニュースに関する私の感想を書いていきます。

なるべく、マスコミに踊らされずに正しい情報を見抜く目を、養っていければと思います。

よろしくお願いします。

面白ニュース満載のランキングはこちら
タグ:日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。