新着記事

2007年08月09日

朝青龍問題 決まり手は「ゴネ得」?

連日、朝青龍の問題がテレビをにぎわせていますね。

いつ落ち着くかと思いましたが、全く落ち着かない。

この問題の落し所は、
@高砂親方(相撲協会)が筋を通させて、日本で謹慎。
A結局、朝青龍のゴネ得となりモンゴルに帰還、またサッカー三昧(笑)。
B横綱引退。後は勝手にしてくれ。

こんなところでしょうか?
個人的には、@を経てBに持っていくのがベストだと思います。
このままでは、Bかな?

そもそも、朝青龍の腰の疲労骨折の診断は正しかったんでしょうか?
サッカーの様子を見る限りは嘘っぽいですが、そこについてはっきりさせた報道を見ていないのですが、やっぱり仮病ですよね?

その上で、朝青龍を即刻モンゴルに帰すべきといっている主治医の意見は朝青龍ともども、信用できませんね。

別に相撲に特別な思い入れはありませんが、日本人を馬鹿にするのもいい加減にしろと思います。

モンゴル人のインタビューを見ていると、こいつらも馬鹿にしているなという意見がいくつも出てきます。
「ナカタへのサービスでやったんだよ」
「サッカーがそれだけしたかったんだ。別にいいだろう?」
「(今回の処分で)日本とモンゴルの友好関係を壊す気か?」
「(今回の処分は)人権侵害だ」

正直、"人権侵害"な処分という意見には、賛同する部分もあります。
朝青龍は、今までもおとなしくしてきたわけではありません。
数々の問題を起こしていますが、相撲協会のいちゃもんだろ?という時もありました(けたぐりの時)。

それだけに、今回の出場停止と謹慎の処分は、人権侵害気味にやりすぎな感じがあります。
というか、すっぱり首にして欲しかった。今まで積もり積もった協会の恨みが炸裂した印象があります。

気持ちはわかりますが、相撲協会にはもう少し冷静になって欲しいですね。
ギリギリまでイジメるつもりでしょうか?…イジメかっこ悪い(笑)。

反面、夕張市で無償で興行した力士の皆さんは、ご苦労様でした。
休日返上、費用は自分達持ち。興行収入は夕張市へ寄付。
単なるスポーツではなく、国技としての存在が問われている今だけに、踏ん張っているんでしょうが、素直に感心しました。


面白ニュース満載のランキングはこちら
タグ:朝青龍 相撲

2007年07月26日

アフガンで韓国人人質が一人殺害された

何度も、交渉期限を延ばしていた、タリバンによる韓国人誘拐事件ですが、
結局一人は殺害されたそうですね。

livedoorニュースにありましたが彼らはキリスト教系の協会の人たちだったようです。

韓国内でも、政府が警告しているのに軽はずみに危険地域に足を踏み入れたことに関しての批判があるそうですが、それでもボランティア目的でやってきた人たちを誘拐するというのは認めたくないですよね。

今のところ、"最終期限"を過ぎても無事なようですが、どう終結させるつもりなのでしょうか?

現地政府としてはテロに屈するわけにはいきませんし、かといってボランティアたちを見捨てるのも難しいでしょうし。

個人的には、現地の民間組織の仲介でこっそり身代金を払って解決するあたりが、ありそうなラインだと思います。

今回の事件は、現地の人たちからも良くは思われていないようですし、実際に軍に包囲されているわけですし、先の見通しが立たない気がするのは私だけなのでしょうか?
誘拐事件は、やる側にもリスクが非常に高いですし。

事件の落し所がさっぱりわかりませんね。

面白ニュース満載のランキングはこちら

2007年07月20日

捜査資料を流出させた巡査長は懲戒免職

以前、winnyでまた逮捕者でた事に関して記事を書きました。
こちら。

つい先日も、捜査資料の流出としては最大規模の情報流出が警察でありましたが、その処分が決まったようです。


巡査長を懲戒免職、上司ら8人も処分 警視庁情報流出

 警視庁北沢署員の私物パソコンから、1万人分以上の個人情報を含む大量の警察情報がネット上に流出した問題で、同庁は20日、松本豊巡査長(26)を懲戒免職処分にした。捜査書類のファイルが入った外付けのハードディスクを巡査長に渡した同僚の巡査部長(33)を減給、北沢署の上司らを戒告にするなど、処分対象者は計9人にのぼった。

 流出元となった松本巡査長の自宅のパソコンには、ファイル交換ソフト「ウィニー」が05年9月ごろから入っていた。警視庁は今年3月など過去数回、捜査員らの私用の全パソコンに、ウィニー導入の有無を調べるソフトを走らせる一斉点検を実施。この際、松本巡査長はウィニーを入れたのが発覚するのを恐れ、流出元になった1台には点検ソフトを走らせず、上司にも報告していなかった。流出は意図的ではなかったものの、警察情報としては過去最悪の流出規模になった結果をふまえ、同庁は最も厳しい懲戒免職を選んだ。

 同庁の調査によると、流出したのは約1万700ファイルで、名前や住所など約1万500人分の個人情報が含まれていた。内訳は被害届100件、供述調書600件、捜査報告書1000件など

                   asahi.com



以前、警察で情報流出が起こったときは、当人はお叱りを受けてそれで終わりでしたが、何度もごまかしきれなかったのか、懲戒免職となりました。

警視庁のお詫びメッセージ。

上記の記事では、私物のパソコンのチェックをしなかったことだけが問題という書かれ方でしたが、そもそも持ち出しも禁じていたはずですから、個人のパソコン云々よりも、こちらのほうが問題でしょう。

それに、捜査資料を流出させた本人は懲戒免職で、データを渡した巡査部長が減給とは、巡査部長の処分が少し軽い気もしますね。

警視庁のページを見ても、どの様に情報流出に対策をしているが記述は見つけられませんでした。

しかし、過去の捜査資料流出で対策を強化しているハズなのに、

・外付けハードディスクに捜査資料を保管している
・しかも、一介の巡査部長なのに保有していた資料は過去最大規模の量

と、不自然さを感じています。

まだノートパソコンに入っていたなら、出張先で使うからとかまだ言い訳もつきますが、外付けハードディスクに入れていたのでは、持ち出してコピーしろと言わんばかり。
今回の情報流出が起こらなくてもなにかあるのは時間の問題だったのでは?
家で残業していても、一万五千人分の資料はいらないでしょうし。
たくさんデータを溜め込んで、家で眺めてニヤニヤしていたのか?
・・・などと、邪推してしまいます。


データは持ち出し禁止。私物のパソコンには当然コピー禁止。
捜査資料は所内のデスクトップPCに保管してあり、必要なときに仕事用端末にコピーし、終わったら消す。
外での仕事用には、ノートパソコンやpdf等が見れる携帯端末を専用で貸し出し。

てっきり、このくらいの対策は当然採用していると思っていたんですが、全然進んでいないということですね。

「私物のパソコンにwinnyが入っているかチェックしていました」
これが対策ですというなら、捜査資料を持ち出し放題だからこのような対策を採らざるを得ないということですよね?

まずは捜査資料の持ち出しから管理したほうがいいと思います。
某大臣が言っていたように「李下に冠を正さず」の気持ちで、普段から注意して欲しいです。


あと、winnyの開発者金子勇氏は現在有罪判決を受け、控訴中です。
こちらの記事では、技術者の視点からきちんと金子勇氏を弁護された話が載っています。
「情報通信の基盤を開発することと、それがどう利用されたかを結び付けて考えられるべきではない。開発すること、運用すること、それがどのように利用されるかということは、分けて考えるべきだ」

もっともなコメントだと思います。
あまり、このようなニュースは表に上がってこないので、関連情報として、紹介してみました。

面白ニュース満載のランキングはこちら

2007年07月19日

「ダンボール肉まん」はやらせ。・・・本当かな〜?

先日記事に書いた、中国でダンボール入り肉まんを販売していた、というショッキングな報道。
前回の記事(ニュース動画付き)

それに関して、下記のようなニュースが。



[段ボール肉まん]中国のTV局が「やらせ報道」と謝罪

 【北京・大塚卓也】北京市内の露店で使用済み段ボール紙と豚肉を混ぜた具を包んだ肉まんが販売されていたとされる問題で、これを「スクープ報道」した北京テレビは18日夜のニュース番組の中で、「やらせ報道」だったことを認め、「悪質であり、社会的影響を与えた」として視聴者に謝罪した。

 中国食品の安全性が世界的に問題視される中、「段ボール肉まん」が販売されていたとの報道は、日本のメディアや米CNNなどで大きく伝えられ、懸念をさらに高めた。だが、中国の首都のテレビ局によるねつ造と分かったことで、中国マスコミのモラルも問われることになりそうだ。

 同夜のニュースによると、調査の結果、テレビ局のアルバイトがひき肉と小麦粉、段ボール紙を自ら持ち込んだうえ、出稼ぎ労働者4人に「段ボール肉まん」を作るよう指示。自らビデオカメラで様子を撮影していたことがわかった。

 北京テレビの“特ダネ報道”では、露店主は段ボール紙を劇物のカセイソーダ(水酸化ナトリウム)の溶液に浸し、さらに煮込んで柔らかくした上で豚肉と混ぜ、段ボール紙6、豚肉4の比率で肉まんの中身にしていた――という。

 警察当局やテレビ局が調査を進めた結果、「やらせ」が判明した。警察はこのアルバイトの身柄を拘束し、関係者を厳重に処分すると約束した。
              livedoorニュース



本当にやらせだったのでしょうかね。
最近の中国の対外的なイメージの悪さ、特に次々でてくる食品の安全に関するニュースを見ていると、実際にやっていてもおかしくないというのが正直な印象。

でもって、後付でヤラセとして処理してイメージの回復を狙うことはやりそうな印象です。


どこの国のテレビでもヤラセぐらいはやるでしょうが、今回の件はあまりにひどい。
「アルバイトが勝手に作った映像」にしてはひねりが効きすぎています。
「出稼ぎ労働者」のフレーズも、私たちは悪くないという主張を感じます。

果たして、あの映像は真実を伝えていたのか嘘なのか。
少なくても、ヤラセと聞いてもイメージは良くなりませんね。

面白ニュース満載のランキングはこちら

2007年07月17日

年金審査受付開始、収まる所に収まったかな

今日から、公的年金記録の不備を確認できる「年金記録確認地方第三者委員会」が始まりました。

一応、国としては加入者や受給者が領収書など直接の証拠を持っていなくても、「明らかに不合理ではなく、一応確からしい」と判断できれば(人柄とかも見て総合的に判断)給付を認めるのが基本方針になりました。

この位が落とし所ですよね。
記録がなくなったりしたのは総務省のせいなのですから、当たり前といえば当たり前ですが、政府のやることなので、その当たり前の対応も正直きちんと取れるのかと疑っていました。


ここに落ち着くまでのごたごたを見ると、国と企業の姿勢の違いについて考えます。

企業で製品に欠陥があったり、ずさんな管理体制や意識の低さによる保険の未払いがあった時、消費者の安心を第一に考え、すぐ回収しろとか全部調べて払えとか言っておきながら、自分達が同じ立場に立つと、どうしてこんなに決めるのに時間がかかるのでしょうかね?

もちろん規模が違うのでしょうが、掛けられる人員や予算の規模も違うわけで、そもそも企業には内情はお構いなしで指示しておいて、自分達はぐずぐず言い訳ばかり。

不祥事があれば、いまや赤字になっても自主的に対策を採る企業と、なかなか採ろうとしない国。
根っこの所で、企業のお客様に対する意識と、国の国民に対する意識の違いが浮き彫りになっているなあと、思っていました。

年金問題、起こしたのが企業であったら、数日中に、申請してきた人全員に支払いますと決めることはありえると思います。

結果的に、具体的な記録を持たない人でも救済される方針が固まったようですので本当に良かったです。
でも、親方日の丸根性はまだまだ抜けてないのだろうな(少しづつましになっているとは言え)と感じました。

面白ニュース満載のランキングはこちら
タグ:年金

2007年07月05日

「太田総理」で問題になった民主党の平岡議員の発言

「太田光の私が総理大臣になったら」という番組の、
「少年法を撤廃せよ」の回での、民主党の平岡議員の発言が問題になっています。

私、普段はこの番組見ていないんです。
見てるとムカムカしたり鬱に落ち込みそうになったりするので。

上記の発言がニュースになるくらい話題になっていたので、youtubeで見てみました。

他にも同番組内の討論が幾つかあったので、片っ端から閲覧。
貼るのは平岡議員の該当発言のみにしておきますけど。

もし民主党が政権を取ったら、次の法務大臣だと言われている平岡議員の発言もひどいけど、その前の討論での発言もキツイのが幾つかありましたね。


反対側の意見として、
・犯罪被害者は、加害者の少年に死の苦しみを与えれば満足なのか?
・犯罪の被害者は、加害者の更正を望んでいる!
・やってしまったことは仕方ないから、民事で解決&加害者の更正を第一に。

もちろん、加害者にも人権がありますし全ての状況で「目には目を」とはいえないと思います。言い切れるほどの全ての状況を私は知りませんから。

だからといって、被害者の気持ちを切り捨てるなんて考えられません。

私は幸いにして、犯罪被害者でも加害者でもありません。
ですが、自分や家族や友人が被害者になったら、理不尽な暴力によって命を絶たれたら、と考えると怖くなります。反面、加害者になったなら、社会のルールよって裁かれてこいとも思います。

少年犯罪被害者の方の意見を聞くと切なくなってきました。
「自分は少年院に行って、更正できるように・再犯しないように被害者の気持ちを話しにいっている。矛盾するが、自分の息子を殺した二人には死んでもらいたい気持ちはある」

他人の身に起こった事と自分の身に起こった事では、やっぱり違うんですよね。

自分のことしか考えていないのか?といわれるかも知れませんが、それが犯罪被害者としての正直な気持ちだと思います。

犯罪がいざ自分に迫ってくることをどれだけ真剣に考えられるかが、意見の賛否を決めているのでしょう(それでも本当の被害者の方の絶望には及ばないでしょうが)。

それを、民事(お金)で解決しろとか被害者も本当は加害者の更正を望んでいるとか、なんのつもりでいえるのか?

特に平岡議員の問題発言は、被害者のお母さんの発言の後に起こったもの。
確かにこの発言は許せません。


自身のホームページ上で、この件に関したコメントを出しています
「以上、思い起こして見ますと、番組全体での私の発言には、「『太田光総理』の番組は、バラエティー番組だから」という私の気の緩みがあったと反省し、常に国会議員としての自覚を持って行動しなければならないと自戒しています。」


・・・つまり、一人間平岡秀夫の発言と、民主党の平岡議員の意見は別物。
平岡議員の発言は、上っ面だけを意識したもの、ということですね?
普段の議員としての発言は全部、建前もしくは政治的な有利不利しか考えていない発言ということですね?

被害者の方の気持ちを真正面から無視した意見もひどいですが、このコメントも充分ひどいですね。

・・・この人、信用できません。

面白ニュース満載のランキングはこちら

2007年06月16日

16日、脱北者4人が韓国到着

産経新聞
脱北4人が韓国到着 「うれしい」「人権」と叫ぶ

厳重な警備の中、マスク姿で韓国の仁川空港に到着した脱北者家族=午後0時10分ごろ(共同)

厳重な警備の中、マスク姿で韓国の仁川空港に到着した脱北者家族=午後0時10分ごろ(共同)

 「右翼が襲撃するのでは」「韓国は大韓航空機爆破事件を忘れていない」−。16日、韓国に移送された脱北者家族。移送をめぐっては事前にさまざまな“不穏な”情報が飛び交い、政府は入管施設の出発を未明にするなど、4人の安全に神経をとがらせた。

 出国前の夜、法務省入国管理局の幹部が同省10階にある法相の部屋を頻繁に出入りしていた。廊下で記者に「大臣には脱北者以外の説明をしていたんだよ」。だが、移送の準備は水面下で進んでいた。

 この日、入管幹部は在京韓国大使館関係者と連絡を取った。そこで聞かされたのは「韓国は1983年の大韓航空機爆破事件を忘れていない」という発言。この幹部は「韓国政府が一番気にしているのは政治問題ではなく、4人の安全だということをあらためて実感した」と話す。

 4人を茨城県牛久市の入管施設に移送後、同施設には右翼団体が「なぜ北朝鮮の人間を保護するのか」とする抗議文を持参。さらに9日には、成田空港で台湾の李登輝前総統に男が清涼飲料水のペットボトルを投げ付ける事件も起きていた。

 「韓国に到着して安全に保護されるまでは落ち着かない」。入管幹部は4人の出国後も緊張した様子で話した。



 4人とも目深に帽子をかぶり、大きな白いマスクで顔を隠して、韓国の仁川空港に到着した。日本の韓国大使館から同行した係官らに付き添われ、うつむき加減に飛行機から降りると、待ち構えた韓国の報道関係者やカメラに囲まれた。入国の感想は「うれしい」。健康状態の質問には「(悪いところは)ない」と答えた。男性1人が記者に向かって「自由民主主義、人権」と大きな声で叫んだ。(共同)




2週間前に日本にやってきた脱北者4人家族が、今日無事に韓国に着いたようですね。
多少の妨害(抗議行動)はあったようですが。

希望どうり韓国に着けたのは良かったのですが、結局覚醒剤やその他の一般人では持ち得ないハズの品物を持った一家に対する調査はどうなったのでしょうか?

きちんとした調査が行われたのか?
韓国にそのまま引き渡すくらいですから工作員の疑いは晴れている?

調査してもすべてが降りてくる訳は無いでしょうが・・・、やるべきことをやったのかは気になります。

ニュースをググッても出てきませんし、外務省や入国管理局のページにもそれっぽい記述はありませんでしたね。

結局、あの4名は北朝鮮でどれだけの政治的・経済的な地位を手に入れていたのか?脱北にいたった背景は?

日本に来た当初あれだけニュースで騒がれたのですから、少しはフォローして欲しいです。北朝鮮の現状については知りたがっている人はたくさんいるでしょう。

あおるだけあおって、このままスルーして欲しくはない話題です。
「工作員の疑いは完全に晴れ、所持品等の不審な点も解決しました!」
なら、それはそれでかまいません。スルーして欲しくは無いという事です。
今、日本に一番危害を加えそうな国は北朝鮮なのですから。

面白ニュース満載のランキングはこちらTB先
タグ:脱北者

2007年06月14日

COMSN コムスンの親会社の折口雅博社長って強気じゃないですか?

COMSN コムスンの引き取り先として、30社が名乗りを上げたとニュースでやっていましたね。

同業だけでなく他の業種からの申し出もあったが、現時点では白紙とのこと。

グッドウィル・グループの折口雅博社長がインタビューに答えてました。
淡々と答えていましたが、個人的に尊大な印象を受けました。

「COMSN コムスンを含む介護事業全部を引き受けてくれるところに、1000億円で売ります。7月末を期限に決めます」

企業価値を元に決めた適正な売却価格らしいですが、どうなんですかね。
折口社長が手放したくなかったとしても、結果的に丸儲けな気がしませんか?

行政の処分も、指定取り消しでおしまいなのでしょうか?
罰金を科して、その分を売却価格から控除させるくらいやってもいい気がします。

完全譲渡にこだわる理由も不明ですし。
いっそ、県ごとに分割して譲渡先を決めるのもありと思います。

「政府から言われたからしぶしぶ譲渡します。でも、自分の主張ははっきり言うぜ!」

私の中のイメージはこんな感じ。
最初から今に至るまで、悪いことしていたという反省の念が感じられませんよね。

是非話がこじれまくって、散々企業価値が目減りした挙句、来年3月までに円満譲渡して欲しいです。
誰か折口社長に、ぎゃふんといわせる人が出てきて欲しいですよ。

面白ニュース満載のランキングはこちら

2007年06月10日

COMSN コムスンなんてどうでも良い

COMSN コムスン問題が世間をにぎわしています。
特に、そのサービスを利用していた要介護者や、大部分のまじめに働いていたヘルパーの方たちは、どうなるのか気苦労は尽きないでしょう。

親会社のグッドウィルグループが、介護事業を子会社の日本シルバーサービスに譲渡するとか、いや同業他社に一括譲渡するという話になっているようですが、正直難しいですよね。

そもそも、介護事業をビジネスとしてみると、介護報酬をもらわないとやっていけない・ビジネスとして採算を取るのが困難なのに、COMSN コムスンが在宅、施設、専門校と手広くやれたのはやっぱり、大きな親会社がいたからこそでしょう。それを、同業他社にそのまま引き継いでも扱いきれないでしょう。

日本シルバーサービスに譲渡なんて、さらにとんでもない話。
日本シルバーサービスは、資本金8000万従業員数1351名の有料老人ホームを運営する企業。
COMSN コムスンは、資本金14億4835万従業員数24019名で複数の介護事業を扱う企業。

企業規模が何倍だと思ってますか?
「庇を貸して母屋を取られる」をいうことわざがありますが、それを確信的にやる=明確な処分逃れにしか見えませんよね。

業務譲渡は、必ず小さいところから大きなところへとは言いませんが、10倍以上の資金・人員・業務を譲渡され、運営するなんて無理でしょ。
COMSN コムスンの現上層部がそのまま仕切るに決まってますよね。

今までの介護報酬の過大請求、事業所の処分逃れと同じ事を親会社がやろうとしていると言う事は、その体質は、親会社譲りなのでしょうね。

その意味では、厚生労働省の行政指導や、各知事の日本シルバーサービスからの申請の拒否宣言は、当然。

それに、こんなごたごたに巻き込まれた利用者とまじめに働いてきた人達は、これ以上関わるのも不愉快でしょうね。それでも今は頼らざるを得ないところが難しいところ。

COMSN コムスンは完全に解体し、従業員や機材等はどんどん他社に分散させていくのが落としどころでしょう。

COMSN コムスンなんてどうでもいいので、今までの利用者とまじめに働いてきた従業員が困らないような結末に落ち着いてほしいものです。

面白ニュース満載のランキングはこちら

2007年06月05日

脱北者が覚醒剤所持:どこまで信用できますか?

◎脱北者が覚せい剤所持=「長旅で眠らぬよう」−入手容易と弟・警察当局

 青森県深浦町に入港した脱北者家族4人のうち20代後半の弟が微量の覚せい剤を所持していたことが4日、警察当局の調べで分かった。弟は「北朝鮮で覚せい剤は簡単に入手できる。長旅なので、眠らないようにするため持っていた」と話しているという。

 県警は覚せい剤取締法違反容疑(所持)で事情を聴いているが、微量で密売目的の可能性も低いとして、書類送検する方針。 

時事通信社




ニュースでも大体同じようなことを言われてますよね。
他のニュースソースを見てもはっきりとはわからなかったのですが、覚醒剤が発見された経緯がすごく気になります。

自分から差し出したのか、隠していたのに所持品検査で発見されたのか?
ニュースを聞いたときの私の印象は、「覚醒剤を持って日本に来るような連中は送り返してしまえ」でした。

今回の人たちはそのつもりがなかったとしても、コレを認めていたらそのうち大量に覚醒剤を持って日本に来て、警察に見つかる前に業者に卸す事だって可能ですよね。

そして北朝鮮は、脱北者を装って外貨を獲得するために人を出したりしかねない国ですよね。
国が偽札作って輸出する国ですよ?信用できない国ですよね?

自分から出したのなら、まだわかりますが、どうなんでしょう。
考えすぎかもしれませんが、報道もみんな同情的なので少し疑問です。
もちろん北朝鮮がとても厳しい状況にあるのはわかりますが・・・。

皆さんは、このニュースを聞いて、どうお考えになりました?

面白ニュース満載のランキングはこちら

2007年06月05日

日本「IWC脱退」も

先日、日本とIWCについて書きましたが、件の動画があったので、ついでに貼り付けておきます。

面白ニュース満載のランキングはこちら

タグ:YouTube IWC 捕鯨

2007年06月02日

6歳以下の女の子専門DVDレーベルって何?

小学校入学前の女の子アイドルのDVDのみを専門に扱うレーベルが設立だそうです。

http://news.livedoor.com/article/tb/3184713/

写真もありましたが、ここまでくるとシャレになってないですよ。
全然笑えない。アダルトDVDみたいなデザインだし。写真見てると気持ち悪くなってきます。ロリコンにも程があるぞ。

私も若い子は好きですが、グラビアなら中学生くらいまでが限界でしょう。
マニアの業なのか?需要があるのか?
作っているのは大人でしょう?何も感じないの?

売れないことを切に願います。

面白ニュース満載のランキングはこちら

2007年06月02日

沿岸捕鯨、認められずに日本IWC脱退か?

国際捕鯨委員会(IWC)総会が閉会。
結局日本の主張はすべて却下されたようですね。
アラスカ州のイヌイットに認められているような捕鯨を認めてほしいという主張でした。

要するに文化として必要な行為なのだから、少しは認めて欲しいということですね。

そして日本代表は、「我々は、脱退して新たな機関を設立することを含めて、日本がIWCで果たす役割を根本的に見直す」(脱退するかも)と宣言したそうです。

個人的には、最後に鯨を食べてからもう何年たったかわかりませんし、いまさら食べたいとは思いません。ですが、日本国として主張するべきことはきっちり主張して欲しいと思っていますし、その意味でIWC脱退というシナリオもありだと思います。

日本の外交のイメージは、すぐ謝るかあいまいにしてスルーする、なんですよね。最近は拉致問題とかで少しは主張するようになってきましたが。いい傾向だと思います。


さて、具体的にどこでどれだけの捕鯨が行われているのか?
下にリンクを張りましたが、日本捕鯨協会のQ&A「いまでも捕鯨をしている国はあるのですか?」にありました。

印象としては日本も思ったより数を取っている気がしましたが、小型の種のようなのでミンク鯨とか取れるとまた違うのでしょうか?

でも国民がもっと代替わりすると、国の執着が薄くなり漁師も職をかえて、日本も反捕鯨国になってもおかしくないと思いますので、頑張るなら急いで欲しいですね。

あくまで個人的には、そこまでして必要か?という意見ですが。

面白ニュース満載のランキングはこちら

結果概要が外務省にあったので、リンクしておきましょう。
あと、IWC(国際捕鯨委員会)について。
それと、日本捕鯨協会
タグ:捕鯨 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。