新着記事

2007年07月26日

アフガンで韓国人人質が一人殺害された

何度も、交渉期限を延ばしていた、タリバンによる韓国人誘拐事件ですが、
結局一人は殺害されたそうですね。

livedoorニュースにありましたが彼らはキリスト教系の協会の人たちだったようです。

韓国内でも、政府が警告しているのに軽はずみに危険地域に足を踏み入れたことに関しての批判があるそうですが、それでもボランティア目的でやってきた人たちを誘拐するというのは認めたくないですよね。

今のところ、"最終期限"を過ぎても無事なようですが、どう終結させるつもりなのでしょうか?

現地政府としてはテロに屈するわけにはいきませんし、かといってボランティアたちを見捨てるのも難しいでしょうし。

個人的には、現地の民間組織の仲介でこっそり身代金を払って解決するあたりが、ありそうなラインだと思います。

今回の事件は、現地の人たちからも良くは思われていないようですし、実際に軍に包囲されているわけですし、先の見通しが立たない気がするのは私だけなのでしょうか?
誘拐事件は、やる側にもリスクが非常に高いですし。

事件の落し所がさっぱりわかりませんね。

面白ニュース満載のランキングはこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。