新着記事

2007年06月02日

沿岸捕鯨、認められずに日本IWC脱退か?

国際捕鯨委員会(IWC)総会が閉会。
結局日本の主張はすべて却下されたようですね。
アラスカ州のイヌイットに認められているような捕鯨を認めてほしいという主張でした。

要するに文化として必要な行為なのだから、少しは認めて欲しいということですね。

そして日本代表は、「我々は、脱退して新たな機関を設立することを含めて、日本がIWCで果たす役割を根本的に見直す」(脱退するかも)と宣言したそうです。

個人的には、最後に鯨を食べてからもう何年たったかわかりませんし、いまさら食べたいとは思いません。ですが、日本国として主張するべきことはきっちり主張して欲しいと思っていますし、その意味でIWC脱退というシナリオもありだと思います。

日本の外交のイメージは、すぐ謝るかあいまいにしてスルーする、なんですよね。最近は拉致問題とかで少しは主張するようになってきましたが。いい傾向だと思います。


さて、具体的にどこでどれだけの捕鯨が行われているのか?
下にリンクを張りましたが、日本捕鯨協会のQ&A「いまでも捕鯨をしている国はあるのですか?」にありました。

印象としては日本も思ったより数を取っている気がしましたが、小型の種のようなのでミンク鯨とか取れるとまた違うのでしょうか?

でも国民がもっと代替わりすると、国の執着が薄くなり漁師も職をかえて、日本も反捕鯨国になってもおかしくないと思いますので、頑張るなら急いで欲しいですね。

あくまで個人的には、そこまでして必要か?という意見ですが。

面白ニュース満載のランキングはこちら

結果概要が外務省にあったので、リンクしておきましょう。
あと、IWC(国際捕鯨委員会)について。
それと、日本捕鯨協会
タグ:捕鯨 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。