新着記事

2007年08月09日

朝青龍問題 決まり手は「ゴネ得」?

連日、朝青龍の問題がテレビをにぎわせていますね。

いつ落ち着くかと思いましたが、全く落ち着かない。

この問題の落し所は、
@高砂親方(相撲協会)が筋を通させて、日本で謹慎。
A結局、朝青龍のゴネ得となりモンゴルに帰還、またサッカー三昧(笑)。
B横綱引退。後は勝手にしてくれ。

こんなところでしょうか?
個人的には、@を経てBに持っていくのがベストだと思います。
このままでは、Bかな?

そもそも、朝青龍の腰の疲労骨折の診断は正しかったんでしょうか?
サッカーの様子を見る限りは嘘っぽいですが、そこについてはっきりさせた報道を見ていないのですが、やっぱり仮病ですよね?

その上で、朝青龍を即刻モンゴルに帰すべきといっている主治医の意見は朝青龍ともども、信用できませんね。

別に相撲に特別な思い入れはありませんが、日本人を馬鹿にするのもいい加減にしろと思います。

モンゴル人のインタビューを見ていると、こいつらも馬鹿にしているなという意見がいくつも出てきます。
「ナカタへのサービスでやったんだよ」
「サッカーがそれだけしたかったんだ。別にいいだろう?」
「(今回の処分で)日本とモンゴルの友好関係を壊す気か?」
「(今回の処分は)人権侵害だ」

正直、"人権侵害"な処分という意見には、賛同する部分もあります。
朝青龍は、今までもおとなしくしてきたわけではありません。
数々の問題を起こしていますが、相撲協会のいちゃもんだろ?という時もありました(けたぐりの時)。

それだけに、今回の出場停止と謹慎の処分は、人権侵害気味にやりすぎな感じがあります。
というか、すっぱり首にして欲しかった。今まで積もり積もった協会の恨みが炸裂した印象があります。

気持ちはわかりますが、相撲協会にはもう少し冷静になって欲しいですね。
ギリギリまでイジメるつもりでしょうか?…イジメかっこ悪い(笑)。

反面、夕張市で無償で興行した力士の皆さんは、ご苦労様でした。
休日返上、費用は自分達持ち。興行収入は夕張市へ寄付。
単なるスポーツではなく、国技としての存在が問われている今だけに、踏ん張っているんでしょうが、素直に感心しました。


面白ニュース満載のランキングはこちら
タグ:朝青龍 相撲

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。