新着記事

2007年08月27日

阿部改造内閣発足

一ヶ月の間引っ張ってきた、阿部内閣の改造人事。
とうとう、発表されましたね。

◇首相 安倍晋三
◇幹事長 麻生太郎
◇政調会長 石原伸晃
◇総務会長 二階俊博
◇文部科学相 伊吹文明(留任)
◇経済産業相 甘利明(留任)
◇国土交通相 冬柴鉄三(留任)
◇金融・行政改革担当相 渡辺喜美(留任)
◇経済財政担当相 大田弘子(民間、留任)
◇総務相 増田寛也(民間)
◇法相 鳩山邦夫
◇外相 町村信孝
◇財務相 額賀福志郎
◇厚生労働相 舛添要一
◇農相 遠藤武彦
◇環境相 鴨下一郎
◇防衛相 高村正彦
◇官房長官 与謝野馨
◇国家公安委員長 泉信也
◇沖縄・北方担当相 岸田文雄
◇少子化担当相 上川陽子

政治家の方々のプロフィールに詳しいわけではありませんから、顔ぶれを見ても、印象しか言えませんが、感想は

・三役はお友達人事。
・留任が結構多かった。
・重厚な布陣といわれてもいるが、昔に戻っただけじゃないの?
・舛添要一には驚いた。

というところでしょうか。


三役が、阿部首相と仲の良い人たちというのは、政治家に詳しくない私でもわかる事。あれだけお友達内閣と批判されていて、またですか。
特に、幹事長の麻生太郎氏。個人的にはあのキャラクターは好きなんですが、露出の増える幹事長向きかというと、…微妙な気がします。
悪気はないでしょうが、失言をやらかす可能性が非常に高いでしょう。
あの"べらんめい口調"で、絶対何かやらかしますよ。好きな政治家だけに、ここで阿部内閣とともに沈んでしまったら、もったいないなあと思います。

あとは、留任組はもちろん、新顔も年齢層がぐっと上がって、改造内閣なのに新鮮味があまり感じられません。
正直、一昔前の内閣(おじいさんばかりで裏でたくらんでいそう)に戻ってしまった印象があります。

ニュースでの評判を見ても、「重厚な布陣」と「昔に戻った」と評価が二つに分かれていますね。
政治に詳しくない普通の国民からすると、「自民党は結局変われていなかった」と思ってしまいます。


今回の人事は、選挙と政策(テロ特措法や年金問題、郵政民営化など)を通す為の人事といわれています。
ですが、正直、政策を全部押し通せても(実際は無理でしょうが)、次の選挙での惨敗は避けられない気がします。

今更どんな政策を通しても、今までの自民党の失策を取り戻すだけで、決して国民の印象にはプラスに働かないと思います。

首相は、「こんな実績をあげましたので、次の選挙もよろしく」といいたいでしょうが、
私は、「今まで失策ばかりだったのを、軌道修正しただけでそれは当然の事。当たり前のことをそんなに主張されてもなあ」と思ってしまいます。

大勢の国民感情は、私の感想とそんなに大きくはずしていないと思いますが、いかがでしょうか?

だから、今回の人事では、しがらみの少ない若手や民間から多くの人材を登用するような、イメージ重視の戦略のほうが良かったのではないかと思います。

参議院を民主党に握られている以上、どうせ、政策をまともに通せはしませんよ。
どうせダメなら、国民にわかりやすく受け入れられやすい人事のほうがまだましであったと思います。無責任な意見ですけどね。

受け入れられやすい人事としてサプライズだったのは、舛添要一氏。
阿部首相と麻生幹事長、舛添要一氏は二人とも嫌っていたと思うのですが、嫌われている(?)相手を迎え入れたのはおどろきました。

舛添要一氏は、昔テレビで年金問題について突っ込まれたとき、「俺はその時国会議員じゃなかったから、昔の事なんか知らないよ!」と堂々と言っていたのが印象に残っています。
何か、やらかしてくれますかね…。大臣なのに首相や三役批判とか。


今回の人事は個人的にはダメなんではないか?と思いますが、この先の国会を見ないとわかりませんね。
誰が何をやらかすか、しばらくは目が離せませんね。
タグ:阿部内閣

2007年08月09日

朝青龍問題 決まり手は「ゴネ得」?

連日、朝青龍の問題がテレビをにぎわせていますね。

いつ落ち着くかと思いましたが、全く落ち着かない。

この問題の落し所は、
@高砂親方(相撲協会)が筋を通させて、日本で謹慎。
A結局、朝青龍のゴネ得となりモンゴルに帰還、またサッカー三昧(笑)。
B横綱引退。後は勝手にしてくれ。

こんなところでしょうか?
個人的には、@を経てBに持っていくのがベストだと思います。
このままでは、Bかな?

そもそも、朝青龍の腰の疲労骨折の診断は正しかったんでしょうか?
サッカーの様子を見る限りは嘘っぽいですが、そこについてはっきりさせた報道を見ていないのですが、やっぱり仮病ですよね?

その上で、朝青龍を即刻モンゴルに帰すべきといっている主治医の意見は朝青龍ともども、信用できませんね。

別に相撲に特別な思い入れはありませんが、日本人を馬鹿にするのもいい加減にしろと思います。

モンゴル人のインタビューを見ていると、こいつらも馬鹿にしているなという意見がいくつも出てきます。
「ナカタへのサービスでやったんだよ」
「サッカーがそれだけしたかったんだ。別にいいだろう?」
「(今回の処分で)日本とモンゴルの友好関係を壊す気か?」
「(今回の処分は)人権侵害だ」

正直、"人権侵害"な処分という意見には、賛同する部分もあります。
朝青龍は、今までもおとなしくしてきたわけではありません。
数々の問題を起こしていますが、相撲協会のいちゃもんだろ?という時もありました(けたぐりの時)。

それだけに、今回の出場停止と謹慎の処分は、人権侵害気味にやりすぎな感じがあります。
というか、すっぱり首にして欲しかった。今まで積もり積もった協会の恨みが炸裂した印象があります。

気持ちはわかりますが、相撲協会にはもう少し冷静になって欲しいですね。
ギリギリまでイジメるつもりでしょうか?…イジメかっこ悪い(笑)。

反面、夕張市で無償で興行した力士の皆さんは、ご苦労様でした。
休日返上、費用は自分達持ち。興行収入は夕張市へ寄付。
単なるスポーツではなく、国技としての存在が問われている今だけに、踏ん張っているんでしょうが、素直に感心しました。


面白ニュース満載のランキングはこちら
タグ:朝青龍 相撲

2007年08月01日

選挙に行ったときに感じたこと(やっぱり親方日の丸だなあ)

自民党が参議院選挙に惨敗して、現在は内閣改造が話題になっていますが、それは横において、選挙に行ったとき感じたことを。

他の投票所がどうであったかは知りません。
ただ、私が投票に行ったときに感じたのは、「愛想がないなあ」ということです。

別に、投票に来た有権者を土下座して迎え入れるべきとは思いませんが、投票所に入っても挨拶は一切なし。
受付にはがきを出しても無言で受け取る。
投票が終わって出て行くときもノーリアクション、というのはいかがなものか?

皆様の時は、いかがでしたが?

昔は「こんなもんだろう」と、応対なんて気にしていませんでした。
色々不祥事があった昨今、国の「親方日の丸体質」が批判され、「このままではいけない」という自覚が本人達にも芽生えてきているかな? と思っていただけに、今回の投票所での応対は、それらの考えを粉々にするのに充分でした。

「こんにちは」とか、「暑い中お疲れ様です」とか、帰るときに「お疲れ様でした」とか、挨拶の一言くらいあってもいいと思いませんか?

ぺちゃくちゃと、世間話をしろとは言いませんよ。
でも、軽い挨拶や会釈くらいはあってしかるべきではありませんか?
どんだけ上から目線なのか、コミュニケーションもできない連中(普通の商売ができない連中)が公務員には多いのか、どちらでしょうね。

公務員は「親方日の丸号」の乗員で、国民よりえらいという意識がいまだに根深いのかな? と感じます。
企業がお客様に接するような対応を完璧に求めるのは無理でしょうが、少しずつでも国民=お客様という意識を徹底させないと、安心して行政を任せられませんよね。


年金問題とかいろいろありますが、社会保険庁だけでなく行政全体に対する不信感は、やはり大きいと思います。
そして選挙というのは、通常の業務ではありえない回数で国民と行政側が接する機会ですよね。

商売をやっている側の視点から言うと、今回は、悪いイメージを少しでも払拭できるいい機会だったと思います。
なんといっても、直接会えるのですから。

ミスを全て無しにしてもらうわけにはいきませんが、直接の応対によってイメージを和らげることは可能だと思います。
こんなことを考えて、指導できる人間はきっといないのでしょうね。

私なら、大きなミスをしてしまった後に直接お客様と会う機会があれば、これで少しでもフォローできるから不幸中の幸いだな、と考えます。

そのせっかくの機会を、挨拶も一切なしのノーリアクションで終わらせるなんてもったいないですよ!

こんな話にならない応対が、私のところだけであればいいと切に思いました。
タグ:選挙

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。