新着記事

2007年07月02日

久間防衛大臣の「原爆投下はしょうがない」発言の真意

またまた安部政権に投下された爆弾。
久間防衛大臣の「原爆投下はしょうがない」発言。

最初ニュースで聞いたときには、「何言っているんだ、このおっさん」
と思いましたが、発言の意図を説明していましたね。

「決して戦争や、原子爆弾自体を肯定しているわけではないが、
あれで戦争が終わったのだと考えると、しょうがない
アメリカを恨む気持ちは無い」

説明を聞くと、多少インパクトは薄れます。
薄れますけど、それでも言ってはいけない事でしょう。

アメリカを恨むかどうかはともかく(従軍慰安婦問題に関してのアメリカの決議との泥沼になる?)、唯一の被爆国としていかなる理由があっても正当化してはいけない一線ですよね。


そもそも、原爆投下が日本の降伏を早めたのは間違いないでしょうが、あくまでダメ押しであり、実験的な色彩もあったんでしょう。

それを、よりによって防衛大臣が肯定するというのは呆れてしまいます。

しょうがなければ、何でも許されるのか?
久間防衛大臣の下で憲法改正されたら、自衛隊は「しょうがない」の一言で核を持つのか?


そんな気持ちは無いにしても、政治家として配慮に欠ける発言ですよね。国政を動かす力を持った人間の発言としては不適切。

もちろん、失言=罷免だけが責任の取り方ではありませんが阿部首相がかばうからこそ、緊張感が無くなっているんではないんでしょうか?

阿部首相は大臣に対してそんなに強い立場にあるようには見えません。
罷免させられることがないから、無責任に失言を重ねているのではないのでしょうか?

無責任で緊張感のない人間が、いま国政に携わっていると考えると、ぞっとします。

選挙の直前でありながらのこの発言は、それを示す象徴的な出来事だと思います。

安部政権発足からの一連の不祥事の流れが、小泉前首相が言っていたような「自民党を壊す」為の前フリだとしたら、拍手喝采ですが(笑)。


やる気も責任感もないなら、はやく政権交代してほしいですね。


面白ニュース満載のランキングはこちら

下記は、「原爆投下はしょうがない」発言に対して釈明する久間防衛大臣。

タグ:政治

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。