新着記事

2007年08月27日

阿部改造内閣発足

一ヶ月の間引っ張ってきた、阿部内閣の改造人事。
とうとう、発表されましたね。

◇首相 安倍晋三
◇幹事長 麻生太郎
◇政調会長 石原伸晃
◇総務会長 二階俊博
◇文部科学相 伊吹文明(留任)
◇経済産業相 甘利明(留任)
◇国土交通相 冬柴鉄三(留任)
◇金融・行政改革担当相 渡辺喜美(留任)
◇経済財政担当相 大田弘子(民間、留任)
◇総務相 増田寛也(民間)
◇法相 鳩山邦夫
◇外相 町村信孝
◇財務相 額賀福志郎
◇厚生労働相 舛添要一
◇農相 遠藤武彦
◇環境相 鴨下一郎
◇防衛相 高村正彦
◇官房長官 与謝野馨
◇国家公安委員長 泉信也
◇沖縄・北方担当相 岸田文雄
◇少子化担当相 上川陽子

政治家の方々のプロフィールに詳しいわけではありませんから、顔ぶれを見ても、印象しか言えませんが、感想は

・三役はお友達人事。
・留任が結構多かった。
・重厚な布陣といわれてもいるが、昔に戻っただけじゃないの?
・舛添要一には驚いた。

というところでしょうか。


三役が、阿部首相と仲の良い人たちというのは、政治家に詳しくない私でもわかる事。あれだけお友達内閣と批判されていて、またですか。
特に、幹事長の麻生太郎氏。個人的にはあのキャラクターは好きなんですが、露出の増える幹事長向きかというと、…微妙な気がします。
悪気はないでしょうが、失言をやらかす可能性が非常に高いでしょう。
あの"べらんめい口調"で、絶対何かやらかしますよ。好きな政治家だけに、ここで阿部内閣とともに沈んでしまったら、もったいないなあと思います。

あとは、留任組はもちろん、新顔も年齢層がぐっと上がって、改造内閣なのに新鮮味があまり感じられません。
正直、一昔前の内閣(おじいさんばかりで裏でたくらんでいそう)に戻ってしまった印象があります。

ニュースでの評判を見ても、「重厚な布陣」と「昔に戻った」と評価が二つに分かれていますね。
政治に詳しくない普通の国民からすると、「自民党は結局変われていなかった」と思ってしまいます。


今回の人事は、選挙と政策(テロ特措法や年金問題、郵政民営化など)を通す為の人事といわれています。
ですが、正直、政策を全部押し通せても(実際は無理でしょうが)、次の選挙での惨敗は避けられない気がします。

今更どんな政策を通しても、今までの自民党の失策を取り戻すだけで、決して国民の印象にはプラスに働かないと思います。

首相は、「こんな実績をあげましたので、次の選挙もよろしく」といいたいでしょうが、
私は、「今まで失策ばかりだったのを、軌道修正しただけでそれは当然の事。当たり前のことをそんなに主張されてもなあ」と思ってしまいます。

大勢の国民感情は、私の感想とそんなに大きくはずしていないと思いますが、いかがでしょうか?

だから、今回の人事では、しがらみの少ない若手や民間から多くの人材を登用するような、イメージ重視の戦略のほうが良かったのではないかと思います。

参議院を民主党に握られている以上、どうせ、政策をまともに通せはしませんよ。
どうせダメなら、国民にわかりやすく受け入れられやすい人事のほうがまだましであったと思います。無責任な意見ですけどね。

受け入れられやすい人事としてサプライズだったのは、舛添要一氏。
阿部首相と麻生幹事長、舛添要一氏は二人とも嫌っていたと思うのですが、嫌われている(?)相手を迎え入れたのはおどろきました。

舛添要一氏は、昔テレビで年金問題について突っ込まれたとき、「俺はその時国会議員じゃなかったから、昔の事なんか知らないよ!」と堂々と言っていたのが印象に残っています。
何か、やらかしてくれますかね…。大臣なのに首相や三役批判とか。


今回の人事は個人的にはダメなんではないか?と思いますが、この先の国会を見ないとわかりませんね。
誰が何をやらかすか、しばらくは目が離せませんね。
タグ:阿部内閣

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。